私は大工、今日も休みなし

小沢幹事長は「戦いに専念」、幹事長職務代行は輿石氏に(レスポンス)

東京・日比谷公会堂を埋め尽くした民主党員を前に16日午後、小沢一郎幹事長は、政治資金管理団体の資金にかかる疑惑を晴らすために行動していくことを説明した。

「断固としてこのようなやり方、このようなあり方について、毅然として自らの信念を……、通し! そして、戦っていく決意でございます」

自らの信念を、と言った後、しばらく間をおいた小沢幹事長は、(信念を)「通し」という一言に気合いを込めた。それは、検察捜査へ挑戦、怒りとも言えるものだった。

同日午前中、小沢氏は鳩山由紀夫首相と会談した。幹事長続投の意向を伝え、鳩山首相もそれに同意した。小沢氏は「総理の気持ちを自らの支えとして今後とも与えられた職責を全力で果たしていくと同時に、当面、こういう権力の行使の仕方にきちんと対決してまいりたい」と話す。

しかし、幹事長という役職に就いたままで検察との対決姿勢を強めることで党務に影響を及ぼすことはまちがない。そのため「当面はこのことについて力を入れ、時間を割かなければならないことが多くなるかと思うので、表向きの仕事について輿石幹事長職務代行にお願いする機会が多くなることと思うが、ぜひともご了解を賜りたい」と、呼びかけた。

演説の直後、小沢氏は早速、党大会で幹事長がすべき党務報告を輿石東(あずま)参院議員会長に譲り、会場を後にした。

「夏の参議院選挙に勝利することが、国民の生活が第一の政治、議会制民主主義の確立のため」になると、小沢氏は締めくくったが、小沢氏が検察との対決で疑惑を払拭することができなければ、小沢氏自身の進退問題だけにとどまらない打撃を、民主党は受けることになる。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言
【東京オートサロン10】アントニオ猪木の闘魂ナビ、販売好調
民主党 特別編集
検察庁 特別編集

組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
陸山会土地取引 家宅捜索 ものものしい雰囲気の議員会館(毎日新聞)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
<結婚>プロ野球の横浜・内川選手とフジ・長野アナ 3月に(毎日新聞)
[PR]
by wanwl9229x | 2010-01-20 22:02
<< 「不受理で大きな不利益ない」3... 三重・輸送車2億円強奪 情報提... >>