私は大工、今日も休みなし

外交文書公開、抜本的に見直し…外相が方針(読売新聞)

 岡田外相が10日、官僚任せにしていた外交文書公開のあり方を抜本的に改善する考えを表明した。

 30年を過ぎても公開されていない外交文書が約2万点に上るなど、公開に後ろ向きな姿勢が日米の「密約」調査の有識者委員会から批判されたことを受けた措置だ。

 外相は同日の衆院外務委員会で「国益上の理由から公開しない場合は、政務レベルが判断したり、第三者の意見を聞くなどして運用される仕組みを作らないといけない」と述べた。

 公開は所管課が可否を判断し、外務省幹部で作る審査委員会が決めている。日米関係史などの文書は、所管課が日常業務で忙殺され、審査・協議自体が遅れ気味になる傾向がある。

 米国や英仏独などでは、法律で公開規定を設けている。米国では機密文書も原則25年で自動的に秘密指定が解除され、国立公文書館などで閲覧されている。

「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」(医療介護CBニュース)
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判−水戸地裁(時事通信)
佐賀大1年、ラグビー部宴会の一気飲みで死亡(読売新聞)
6箇条の誓約書「撤回せず」 「エリカ様」は健在だった(J-CASTニュース)
シー・シェパード 捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)
[PR]
by wanwl9229x | 2010-03-18 19:54
<< 六甲山がミュージアムに 大自然... 川越線、埼京線の上りで運転見合... >>